お散歩中、お行儀よく隣を歩いてもらうためのしつけ

dog-837540_1280
今回のしつけの基本は「ついて」です。「つけ」とはお散歩のときなどに飼い主の横について歩くときのコマンドになります。

「つけ」のコマンド

ガードレールのない道路を歩くときや人とすれ違う時など、リードが伸び切った状態では危険ですよね!そんな時に「つけ」のコマンドでぴったり横についてくれたらとても便利ですし、愛犬の安全を確保する事ができます。例えば街中で愛犬がリードを引っ張って、まるで犬が飼い主を連れて散歩しているような光景を見かける事がありますが、何故このようなことが起こるのでしょう。 答えは「犬のほうが人よりも足が速いから」です。「なんだ!当たり前じゃないか」と思われるでしょう。しかし、たとえチワワでも人よりも早く歩くことができます。ですから普通に散歩しているだけでも愛犬がリードを引っ張ってしまうことになります。

どうしたら愛犬があなたの横に付いて歩けるようになる?

まず、犬が散歩をするとき色々なものに興味を持つと思いますが、愛犬は散歩中、いったい何に興味を持っているかを観察してください。植込みの匂い?ほかの犬?地面に落ちているティッシュペーパー?散歩をしている人?愛犬は色々なものに興味を持つことと思います。人よりも歩くスピードが速いうえに何かに興味を持った愛犬はリードを引っ張ってあなたを引きずっていくことになってしまいます。ですからあなたは犬が興味を持つそれらの物よりも、もっと魅力的な存在になる必要があるのです。 そこで活躍するのが「美味しいおやつ」と「大好きなおもちゃ」です。お散歩のときに愛犬のお気に入りのおやつとおもちゃを持って散歩に出かけてみましょう。そして愛犬があなたの方を見たときや、あなたを気にしているときに、おやつを与えたり、大好きなおもちゃで遊んであげましょう。このトレーニングを成功させるポイントは「大好きなおやつとおもちゃ」を持っていくことです。それほど好きでもないおやつやおもちゃだと、植込みの匂いや、ほかの犬の魅力に負けてしまう可能性があります。ですから愛犬が「植込みの匂いを嗅ぐよりも、ほかの犬と挨拶するよりもそのおやつ(おもちゃ)が欲しい!!」とあなたの方を見てくれるぐらい大好きなおやつやおもちゃを持って散歩に行けば、愛犬はあなたに集中して歩いてくれるはずです。まずは、愛犬が大好きなおやつを探す、愛犬と遊んで、おもちゃを大好きにすることから始めてみましょう。

教え方

  1. お散歩の途中で愛犬があなたの方を見た瞬間に「ついて」と言っておやつを与えます。最初は中々見てくれないかもしれませんが必ずあなたの方を見るタイミングがありますのでそのタイミングを見逃さないでください。
  2. 次に犬がこちらを意識していないときに楽しそうに犬の名前を呼び、犬が来たらおやつを与えます。
  3. 1.に馴れて来たら、お散歩中、愛犬がそっぽを向いているときに「ついて」と言ってこちらを見たらおやつを自分の目の横に持っていき、数秒間アイコンタクトをします。愛犬がちゃんとアイコンタクトできていたらおやつを与えてください。
  4. 2.に馴れてきたら「ついて」と言ったら30秒ほどの間、愛犬とアイコンタクトしながら歩けるように練習します。愛犬の気が散るようなものがあってもアイコンタクトを外さないように歩けるよう、練習してみてください。
  5. 3.に馴れてきたら愛犬が植込みの匂いを嗅ぎに行きそうになったり、他の犬とすれ違う時に「ついて」と言い、アイコンタクトをしながらその場を通り過ぎます。愛犬が植え込みの匂いを無視したり、犬とすれ違うことができたらおやつを与えます。

最後に

いかがでしょうか?「ついて」は犬も人も集中力が要求されるトレーニングです。是非、根気よく続けて愛犬と楽しく安全なお散歩を楽しんでください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでワンペディアをフォローしよう!

森山 敏彦
森山 敏彦株式会社プレイボゥ
1962年長野県生まれ。
株式会社プレイボゥ代表。
ドッグトレーナー養成学校のプレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長。
専門トレーナーによるしつけを行う犬の保育園や、コンパニオンドッグスクール、トリミングショップなどを手広く経営。
しつけを通して捨てられない犬と捨てない飼い主を育て、日本のペットの殺処分0を目指す。

○株式会社プレイボゥ
○イギリスAPDT公認トレーナー
○アメリカCPDT公認トレーナー
○日本APDT理事
○GRTA(ガンドッグレトリーブトライアル協会)会長

ホームページ:株式会社プレイボゥ